チラシ印刷の業者の選び方|ポイントを見極めよう

チラシを作成する方法

チラシ

インターネットが普及した現在では、ネット上で買い物をするような感覚でチラシ印刷ができます。従来の依頼の方法より経費がかからず、安く仕上げることができるので、大量に必要となるチラシを作るのに役立つ方法と言えます。

業者に発注する時の基本

印刷

目的別のプランの概要

まず最初に広告宣伝の総予算や、希望するチラシの印刷枚数を決めるのが、計画的に会社や店舗のPRを行うための基礎です。そしてチラシ印刷を発注する時には、新聞折り込みやポスティングなどの目的別に、用紙のサイズやデザインを決めるのがポイントです。人海戦術で各家庭にポスティングする場合には、A4判のコンパクトな用紙を活用した、チラシ印刷のプランを選ぶべきでしょう。けれども新聞折り込み向けのチラシ印刷を発注する時には、B3判の大型サイズの用紙に印刷するのが、宣伝効果を高める秘訣です。確かに大判サイズの場合には、1枚当たりの単価が割高になりますが、1万枚以上発注すると総コストも節約できるでしょう。またコストを重視しているディスカウントストアのチラシでは、価格が安い2色刷りを選ぶ傾向が強いですが、飲食店に適しているのはフルカラーのチラシ印刷です。フルカラーのプランを選ぶと、メニューの魅力を強くアピールできるので、新規顧客とリピーターの確保にも結び付くでしょう。イメージを重視する広告戦略がある一方で、紙面を有効に活かして正確な情報を顧客に伝達することも、チラシの大きな役割です。特に不動産会社がチラシを作成する時には、間取りや価格などの正確性にも気を配り、最新情報を提供する努力が必要です。各種イベントやキャンペーンなどの情報を盛り込んで、顧客に強くアピールするのが、リフォーム業者に適した広告戦略です。

お客様目線で作ろう

カラーチャート

チラシ印刷はさまざまな人の心に残るような校正や色使いが大切になります。ターゲットや商品と相性の良い色合いを選定し、お客様の目線に立ったチラシ印刷を心掛けましょう。紙質を変えることで費用を抑えたり、高価な雰囲気を作り出すことができます。

原稿作成から印刷完了まで

メンズ

チラシ印刷では、最初に依頼主が、規格に合わせて原稿を作ることになります。また、印刷業者に作成を依頼することも可能です。インターネットで原案をデータとして送受信すれば、手軽に打ち合わせができます。原稿完成後は、用途に合わせて部数と用紙とを指定すれば、すぐに印刷されます。