チラシ印刷の業者の選び方|ポイントを見極めよう

原稿作成から印刷完了まで

メンズ

用途に合わせて依頼可能

業者にチラシ印刷を依頼する際には、まずは原稿を作る必要があります。しかもチラシ印刷では、A判やB判といった具合で規格があるので、それに合わせて作らなければなりません。基本的には長方形となっているため、たとえば三角形の原稿を作ると、当然余白部分の多い不自然なチラシとなります。また用紙に対して原稿が小さすぎる場合も余白ができますし、極端に拡大印刷をすると、ドットの荒い仕上がりとなります。こういったことを防ぐために、印刷業者の多くが専用のテンプレートを用意しています。チラシ印刷を依頼する側は、そのテンプレートをダウンロードして、それをもとに原稿を作成していくわけです。また、原稿作成自体を受注している印刷業者もいます。この場合依頼主は、チラシの中に入れたい内容やおおよそのイメージを印刷業者に伝えるだけで済みます。後日原案が届けられるので、より希望に合わせるための修正を細かく加えながら、原稿を作り上げていくのです。このやり取りは、郵送や直接訪問でも可能ですが、現在ではインターネットがよく利用されるようになっています。原稿自体がパソコンで作成されることがほとんどなので、それをデータとして送信すれば、短時間で効率良くやり取りができるのです。いずれの場合も、原稿が完成すればすぐにチラシ印刷が行われます。もちろん依頼主は、用途に合わせて部数や紙質を指定することができます。配布用としてコート紙に1000部、掲示用として耐水性のあるユポ紙に1000部といった具合です。