チラシ印刷の業者の選び方|ポイントを見極めよう

お客様目線で作ろう

カラーチャート

色使いが大切です

販売促進を目指す目的として使用するチラシはターゲットや配布地域の選定も大切です。しかし、チラシのデザインや配布できる枚数によっても効果が変わっていきます。チラシ印刷は紙質やインクの載り方によっても見栄えが変わっていきます。なので、配布枚数を大量に刷るのならば軽量の紙質を選定します。限られた相手に送付するのならば、重厚感のある紙質にすることで特別な雰囲気を醸し出すことができます。表面に光沢があると質感が高まります。また、チラシ印刷はさまざまな人の目に入るため、いかに詳細を見たくなるか何かしらのインパクトが必要です。そのため、使用される写真を見やすくしたり、そのチラシに適した色を使用したりなど様々な工夫によって関心度を高めることができるでしょう。中でも、色調は大事な要素で商品を引き立てる効果があります。なので、食品であれば食欲を掻き立てるような暖色系苧物が良いでしょうし、高額な物であればモノトーンやゴールドなど華やかさやシックな感じを取り入れた方が効果的です。また、企業のシンボルマークなどがあれば、イメージカラーを定着させるのも良いでしょう。チラシ印刷はこのような色使いをいかに再現させるかで費用も変わっていきます。印刷の大半を占めるオフセット印刷は、細かなドットを集めてグラデーションを表現させたり、綺麗な写真を掲載することも可能になります。お客様が目に入りやすい校正を考え、情報が多すぎないようにしましょう。情報を載せすぎると、お客様にも内容が伝わりにくくなってしまい逆効果になる場合があります。お客様目線に立ったチラシ印刷を心掛けましょう。