チラシ印刷の業者の選び方|ポイントを見極めよう

チラシを作成する方法

チラシ

注文の仕方

従来のチラシ印刷は店舗に赴いて依頼するものでしたが、インターネットが普及した現在では、ネット上から買い物をするような感覚で行えます。移動する手間が省けるだけでなく、打ち合わせなどもメールでやり取りできるため経費がかからず、安く仕上げることができるのがメリットです。チラシとは大量に印刷することで不特定多数に配布できるため、新聞の折込やポスティングといった販促で利用されています。人の目を引くことを目的としているため、大きなサイズや派手なデザインを用いることが多く、それに合わせたチラシ印刷が必要になってきます。印刷業者への注文はショッピングカート形式で、印刷する用紙やサイズ、部数などを選択し、注文後にデザインのデータ入稿を行います。選択できるサイズや用紙は様々で、例えば新聞の折込ならB4サイズ、ポスティングならA4やB5などが選ばれ、薄い用紙でコストダウンを図ることが多いようです。基本的にデザインは自社で製作することになり、特定のファイル形式に保存してから入稿することでチラシ印刷が始まります。入稿したデータは最初に不具合がないかチェックされ、問題がなければ注文時の内容に従ってどのくらいかかるか納期の連絡が入るようになります。チラシ印刷ではこのタイミングまでは修正することが可能なので、もしも不安があれば自社でもチェックするようにしましょう。完了したら当初の納期日に合わせて会社や指定の住所に配送されるので、イベントや配布先が異なる場合は注文時に住所を入力しておくと安心です。